タイ古式マッサージ
タイ古式マッサージの概略
タイ古式マッサージの歴史
タイ古式マッサージの理論
タイ古式マッサージの効果
タイ古式マッサージテクニック
日本における偏見と現況
代替医療としてのマッサージ
 
 タイ伝統医学
タイ王国伝統医学的背景
マントラ
創始者シヴァカゴーマラバット
タイ国王と時代背景
タイ仏教とのかかわり
サムンプライ
ルーシーダットン
 
 代替医療と予防医学
代表的なアロマの効果効能
アロマセラピー
リフレクソロジー
アーユルヴェーダ
アユルヴェタイマッサージ
プラーナヒーリング
 
 施術における注意点
セラピストの心得と道徳
問診方法
解剖生理学的知識
症状別施術注意事項
 
 タイマッサージビジネス
日本における法的概念
日本におけるタイ人の雇用
雇用契約と業務委託契約
労務管理の法的基準
労使間トラブルQ&A
 
 TTMA
活動趣旨
活動内容
無料賛同会員募集
セラピスト会員募集
公認サロン募集
公認スクール募集
ボランティアスタッフ募集
賛助企業募集/寄付のお願い
営業開始の届出
 
 TTMA認定資格ガイダンス
TTMA公認資格概要
資格ガイドマップ
認定試験概要
D級資格
R級資格
C級資格
B級資格
A級資格
AA級資格
AAA級資格
 
 TTMA情報提供
セラピスト求人情報
TTMA公認セラピスト会員紹介
TTMA公認サロン紹介
TTMA公認スクール紹介
リラクゼーション業界用語集
インフォメーション
 
ホームへ戻る
TTMAグループ入会に関するQ&A
 
TTMAグループ入会に関するQ&A

■TTMAグループに入会しに関する質問の中で代表的なものをまとめてみましたので、参考にしてください。

TTMA会員規約はこちら

□QUESTION
セラピスト会員には、何か特典がありますか?

□ANSWER
ハーブボールなどのグッズが会員価格で安く購入できたり、TTMA公認スクールで分割でレッスンが受けられたり、就職のサポートが受けられたりします。施術をする際に体調ごとの施術法を相談することもできますし、施術時の事故補償も1事故1億円までついています。勤務先と万が一トラブルがあった場合は解決に導いてくれたり、転職の際には何度でもサポートが受けられるなど、さまざまな特典があります。また、セラピスト会員には段階がありまして、それぞれの段階に応じて特典が用意されています。


□QUESTION
TTMAプロセラピスト資格があったらどんなことができますか?

□ANSWER
資格には段階がありまして、それぞれの段階によっても、活動できる範囲は違いますが、
例えば、C級プライマリーセラピスト資格では、プロのセラピストとして仕事にすることができますので、「TTMAセラピストバンク」で無料でお仕事が紹介できます。B級アドバンスドセラピスト資格では、出張リラクゼーションマッサージ「マッサージデリ」やすぐに自宅開業できる「ゴッドハンド」の加盟店として独立することが可能ですし、独自に公認サロンを経営することも可能です。A級インストラクティブセラピスト資格では、「タイマッサージ塾」を開校することもできますし、独自に公認スクールとしてスクール経営を始めることもできます。セラピスト会員の皆様がなるべくスムーズに独立開業できるように、このようにいくつかのプランをご用意していますが、「マッサージデリ」や「ゴッドハンド」、「タイマッサージ塾」などのプランは、いずれもフランチャイズシステムではありませんので、加盟金やロイヤリティなどの費用は一切かかりません。タイ古式マッサージ以外のリフレクソロジーやアロマオイルボディトリートメント等のオイルを使ったトリートメントについてはR級タイスパセラピスト資格でプロとして活動することができます。


□QUESTION
TTMAプロセラピスト資格は、スクールの卒業証書とは違うのですか?

□ANSWER
違います。TTMA公認スクールは、TTMA(特定非営利活動法人日本トラディショナルタイマッサージ協会)が正式に認めたスクールであって、TTMA自体が運営しているわけではありません。各スクールで学べば卒業証書は発行されますが、技術水準を客観的に明らかにする意味でTTMA公認プロセラピスト資格が存在しています。


□QUESTION
TTMAのプロセラピスト資格をとるには、認定試験を受けなきゃいけないのだと知りましたが、いつどこで受験すればいいのでしょうか?

□ANSWER
はい。R級タイスパセラピスト資格C級プライマリーセラピスト資格の試験は、日本全国のタイマッサージ塾、または、TTMAの公認スクールで受験することができます。B級アドバンスドセラピスト資格の受験はTTMAの公認スクールで受験することができます。日程は、随時可能ですが、試験官の都合と貴殿の都合が合致したところで行いますので、ご希望の日程を数日お知らせください。TTMA本部でコーディネートさせていただきます。


□QUESTION
タイのスクールで学び技術の習得をしましたが、タイ古式マッサージを仕事にしようと思い、保険に加入しようとしましたが、タイのマッサージは日本のマッサージとは違うという理由で断られました。TTMAの資格をとって事故補償の適用を受けて仕事にしたいと思っています。どうしたらいいでしょうか?

□ANSWER
はい。TTMA公認のプロセラピスト認定資格を取得していただくのがよろしいかと存じます。 事故補償について最も気にしていらっしゃるようですが、R級タイスパセラピスト資格や、C級プライマリーセラピスト資格を取得すれば、翌月1日より日本全国で事故補償の適用を受けることができます。認定試験はTTMAの公認スクールで受験することができます。貴殿の場合には、タイのスクールの修了証のコピーが必要になりますので、事前にご用意下さい。


□QUESTION
TTMA公認スクールの卒業生ではありませんが、プロセラピスト資格を受験できますか?

□ANSWER
できます。卒業した学校がどこであっても全く問題はありません。TTMAのプロセラピスト資格は、技術と知識に対する試験をパスすれば資格を手に入れることができます。


□QUESTION
未経験者なのですが、卒業後にはサロンで経験を積み、将来は独立開業を視野に入れてやっていこうと考えています。最短で資格を取得するにはどうすればいいですか?

□ANSWER
TTMA公認スクールに入って勉強してもらうのが最も近道です。日本ヌアボーランスクールでは、TTMAの資格に対応したコースもあり、推薦で資格を手に入れることができます。C級プライマリーセラピスト資格を目指すなら、「セラピスト養成総合コース」。B級アドバンスドセラピスト資格なら、「独立開業総合コース」「サロン開業総合コース」が対応しているコースです。R級タイスパセラピスト資格なら「タイスパ総合コース」がおススメです。


□QUESTION
TTMAのプロセラピスト資格は、どんな点で有意義ですか?

□ANSWER
日本で最も名前の通ったタイ古式マッサージのプロフェッショナル資格です。資格保持者の技術水準が高いと定評がありますので、セラピストとしての就業に非常に有利です。また、タイ古式マッサージの活動を行っていくためにさまざまなサポートがあります。1事故につき1億円までの施術事故補償や無料職業紹介、HPでの無料PR掲載などです。


□QUESTION
セラピスト会員は会費を支払うのですか?

□ANSWER
はい。月あたり1800円の会費がかかります。年一括払いでは18000円とお得になります。各等級とも均一の会費ですので、上級グレード資格を取得しても会費が加算されることはありません。


□QUESTION
会費は何に使われるのですか?

□ANSWER
はい。若干の運営費はどうしても必要になります。会員様のデータをきちんと保管するための費用、問い合わせに対応するオペレーターや事務の費用、TTMAのホームページの維持のための費用などです。大部分は企業様からの寄付で賄っており、会費は事故補償のための保険料として大部分が使われます。当団体は行政から認められたNPO法人ですから、利益を追求するのでなく、社会貢献が目的です。ですから毎年タイの恵まれない子供たちや寺院に寄付を行っています。


□QUESTION
TTMAでボランティア活動をしているようですが、寄付金が請求されることがありますか?

□ANSWER
当団体から、請求をすることは一切ありません。ご安心ください。


□QUESTION
タイマッサージ経験者ですが、現在はTTMAのセラピスト会員ではありません。独立してサロンを開業する予定がありますので、TTMAの資格を取得したいです。どうすればいいですか?

□ANSWER
B級アドバンスドセラピスト認定試験を受けてください。スクールに入る必要はありません。サロンを安全に管理していくために必要な資格ですが、取得後には公認サロンとして認められ、ビジネス的なサポートも加わります。


□QUESTION
公認サロンのメリット何ですか?

□ANSWER
公認サロンは、TTMAのホームページ内に貴殿のサロンのページが無料で作ってもらえます。もしも貴殿のサロン独自のホームページがあるなら、そちらにもリンクが貼られることになります。また、公認サロンの紹介コーナーにも表示されますから、多くの人の目に留まることが予想され、アクセス数のアップにつながります。フェアやイベントの告知をした場合にはメールマガジン「タイマッサージ大好きマガジン」で情報を伝えることができますが、メールマガジンの発行料も無料になります。そのほか、ニュースページやトップ広告、特集ページの掲載料が格安になります。

サロンを運営していく上でのキーポイントはセラピストの確保ですが、公認サロンは、TTMAホームページ内の求人情報の掲載も常に無料ですし、「TTMAセラピストバンク」への掲載も無料になりますから、セラピストの確保がコストダウンできます。

サロン責任者には、入院見舞金を支給するシステムもあります。TTMA公認サロンが末永く繁栄するために、サロン責任者(申請書記載)が、万が一入院してしまった場合には、TTMAより入院見舞金を支給させていただきます。入院は2日~6日間で50000円、7日~13日間で100000円、14日間以上で150000円の見舞金を支給しています。詳しくはこちらのページをご覧ください。


□QUESTION
公認サロンとして活動するには、お金がかかるのですか?

□ANSWER
はい、必要になります。費用は公認サロン会費として1店舗あたり月額2000円がかかります。


□QUESTION
非会員ですが、個人ですでに数年間サロンを営業しています。どうすれば、公認サロンになれますか?

□ANSWER
まず、サロン責任者がB級アドバンスドセラピスト資格を手に入れてください。その上で、「TTMA公認サロン審査の申請」を行ってください。無料審査で問題がなければ、公認サロンとして認められます。TTMA審査官がそちらに出張して、認定試験と無料審査を一緒に行うことも可能です。その場合には出張料が必要になりますが、1日で済みますので手間をとらずに公認サロンとしてすぐに活動することができます。


□QUESTION
現在非会員です。A級インストラクティブセラピスト資格を取得したいのですが、いきなり受けられますか?順を追って受験しなければなりませんか?

□ANSWER
はい。B級アドバンスドセラピスト資格を取得してから、A級インストラクティブセラピスト試験に臨んでください。経験があるのでしたら、C級プライマリーセラピスト資格試験は飛ばしてB級から受験してください。認定試験の際には、スクール修了証のコピーまたはサロン勤務証明が必要になりますので、あらかじめご用意ください。(A級インストラクティブセラピスト資格に関しては、B級アドバンスドセラピスト資格を取得してから受験しなければいけないように定められています。)また、B級アドバンスドセラピスト資格を取得したら、TTMA公認日本ヌアボーランスクールで「TTMA公認A級取得のための特別無料レッスン」を受ける方法もあります。


□QUESTION
C級プライマリーセラピストです。店舗を構えずに出張だけで営業していく予定ですが、公認サロンになれますか?

□ANSWER
公認サロンは、事務を行う本店の所在地が明確であれば、必ずしも店舗を構える必要はありませんが、残念ながら、C級プライマリーセラピストの段階では、認められません。出張先のクライアントの体調が常にいい状態であるとは限りませんので、危険な場合があります。B級アドバンスドセラピスト資格をぜひ取得してください。そうすれば公認サロンとして認められます。


□QUESTION
公認サロンを1店舗でなく複数運営していく場合、どうすればいいですか?

□ANSWER
公認サロンでは、TTMA公認プロセラピストが各店舗に常駐して安全管理をしていく必要がありますので、各店舗にひとりづつB級アドバンスドセラピスト資格をお持ちの責任者を配置して下さい。店舗ごとに、「TTMA公認サロン審査の申請」からご依頼ください。


□QUESTION
C級プライマリーセラピストです。友人にタイ古式マッサージを教えていいですか?

□ANSWER
C級プライマリーセラピスト資格では、指導ができません。タイ古式マッサージは見よう見まねで行うと危険も伴います。指導するためには、テクニックそれぞれの意味や目的、危険性などを十分に理解したうえで説明していく必要があります。無料・有料の問題ではなく、タイ古式マッサージを共に正しく普及していく上で必要な制約ですのでご理解ください。本格的に指導者として活動するなら、A級インストラクティブセラピスト資格を習得して「タイマッサージ塾」として活動するか、TTMAの公認スクールとして活動してください。


□QUESTION
B級アドバンスドセラピストで公認サロンとして活動しています。スクールも独自に経営していますが、スクールは公認されていません。それでかまいませんか?

□ANSWER
いいえ、そのままでは問題があります。一般的に誤解を生みますので、是正をしていただく必要があります。TTMAといたしましては、サロンとスクールの両方を公認するか、サロンとスクールの両方を公認しないかのどちらかに統一させていただく必要があります。

B級アドバンスドセラピスト資格をお持ちなのですから、「TTMA公認A級取得のための特別無料レッスン」を受講して、A級インストラクティブセラピスト資格を取得することができます。そうすれば、「タイマッサージ塾」としてサロンと並行して事業の幅を広げることもできますし、TTMA公認スクールとして本格的に活動することもできます。


□QUESTION
現在B級アドバンスドセラピスト資格を保有しています。公認サロンを経営していますが、スタッフにタイ古式マッサージを指導していいですか?

□ANSWER
B級アドバンスドセラピスト資格で第3者に対してタイ古式マッサージを指導することは認められておりません。サロンスペースがあるのであれば、その場所で「タイマッサージ塾」として正式に事業を拡大することができます。B級アドバンスドセラピスト資格をお持ちなのですから、TTMA公認日本ヌアボーランスクールで「TTMA公認A級取得のための特別無料レッスン」を受けることも可能です。そうすれば、新たに予算をかけずとも、正式にタイマッサージを第3者に対して指導できるようになります。


□QUESTION
公認スクールになるメリットを教えてください。

□ANSWER
TTMA公認スクールでは、TTMA監修の教材が使用できますから、ツールを準備しなくてもスクール事業が展開できます。また、定期的に無料講習会があり、技術面に関するフォローもあります。他にも、さまざまなビジネス的なサポートがあります。たとえば、ホームページにリンクが貼られる以外にも、のTTMA公認スクール紹介のページでは、掲載期間など関係なく半永久的にホームページ上で取り上げられます。求人情報の掲載が無料になりますし、広告についても破格で掲載をすることができます。月会費が必要になりますが、毎年講習会があり、新しい技術の取得、ならびに業界の知識を増やしていくことが無料でできます。

現在、日本でタイ古式マッサージと広く認知されているものの中にも、まやかしレベルのものが多く存在しています。単に順番だけを教えるだけでは、衛生面の配慮や安全に対する配慮が欠如したまま、単に順番を追って身体を押しているだけの施術になってしまい、それは結果として事故につながることになってしまいます。その点TTMA公認スクールはA級インストラクティブセラピスト資格を取得した方だけが行える事業なのですから、そこには大きな価値があります。


□QUESTION
新しくビジネスを始めるにあたって、公認サロンと公認スクールを同時に開きたい場合は、それぞれに責任者として資格保持者をおかなければなりませんか?

□ANSWER
いいえ。同じ場所でサロン事業とスクール事業を行う場合は、責任者は兼任でかまいません。
しかし、それぞれ異なる場所で事業を行う場合には、代表者として資格保持者をそれぞれに置く必要があります。


□QUESTION
公認スクールとして単独でスクール経営を行う場合には、会費がかかるのですか?

□ANSWER
はい、必要になります。公認スクール会費として月額10000円がかかります。


□QUESTION
タイマッサージ塾に加盟すると公認スクール会費がかからないのですか?

□ANSWER
はい、かかりません。正確には、タイマッサージ塾株式会社ヒーリングセラピー・ディヴェロップメントの行うスクールブランド事業です。TTMAに対しては、タイマッサージ塾総本部から一括して公認スクール会費を納めていますが、システム上、各校の塾長から会費の徴収はしていません。スクール事業を安価にスタートさせるには、タイマッサージ塾に加盟して活動するのもひとつの方法だと思います。


□QUESTION
独立した公認スクールとして活動するのとタイマッサージ塾に加盟して活動するのでは、どんな違いがありますか?

□ANSWER
まず、認定基準が異なります。独立型公認スクールでは、自由にスクール名を決めていただくことができますし、カリキュラムに関しても自由に設定していただくことができます。しかし、サロンと異なる単独の教室を設けていることや、公認サロンを併設し、サロンでの接客インターンを行う設備があることなど、認定するための基準が少々高くなっています。その点、タイマッサージ塾プランを利用して活動する場合は、既存のサロンスペースを有効活用していただいてもいいですし、自宅を使用していただいてもかまいません。場所がなければ出張指導のみで対応することも可能です。


□QUESTION
セラピスト会員の更新を怠ってしまいました。再び活動をしたいので登録をしたいのですが、どうすればいいですか?

□ANSWER
年度は9月から翌8月までと決まっています。更新は毎年8月に行います。更新手続きをせずに、資格が途切れてしまった場合、3か月以内であれば会費を支払っていただければそのまま継続ができます。ただし、3か月以上、退会期間が経過してしまった場合は、再度認定試験を受け直していただく必要があります。詳しくは「セラピスト会員の年会費納入方法」のページをご覧ください。

| JAPANESE | ENGLISH | THAI |
 TTMAトピックス
特集:TTMAの絶対お奨めサロン
特集:ゴッドハンドを持つセラピスト
タイマッサージ無料体験セミナー

タイマッサージde独立開業しよう!

タイマッサージでトクすること
動画で見よう!タイ古式マッサージ
スクール修了証とTTMA認定証
TTMAの定める基礎と応用段階
危険がいっぱい!非公認サロン
メタボリック症候群にも効果的
ストレスマネージメントにも有効
タイマッサージ塾 塾長募集
タイマッサージサロン開業のコツ
マッサージで使える簡単タイ語講座
セラピスト会員の年会費納入方法
セラピスト会員無料勉強会
ハーブボール卸売り販売
睾丸マッサージ「ジャップカサイ」
作ろう!オーガニックカクテル
開業資金を計算しよう!
経営感覚はバランス感覚
個人事業チェックシート
不況下で生き残る方法
未経験から分割で学ぶ奨学制度
 
 広告宣伝
TTMAリンク集に追加掲載
求人情報を掲載しよう!
ニュースページに広告を出そう!
トップページに広告を出そう!
メールマガジンで案内しよう!
特集ページでPRしよう!
広告掲載料金一覧
 
 お問い合わせ(なんでも110番)
セラピストの就職転職
サロンへの不満とクレーム
資格取得へのアドバイス
施術法に関するアドバイス
 
 サロン開業ビジネスサポート
TTMAリンク集に追加掲載
施術における事故保障
TTMAへの関連情報提供
TTMA会員・IDカード
市場調査/マーケティング
ビジネスコンサルティング
ロゴマークデザイン
パンフレットデザイン
サロンカード/名刺デザイン
ホームページデザイン
内装設計/インテリアデザイン
就業規則/契約書作成
サロン運営マニュアル制作請負
サロンスタッフ接客トレーニング
サロングッズ
 
 イベント
タイ伝統医学講演
参加型体験レッスン講演
タイマッサージビジネス講演
イベント/セラピスト出張派遣
 
日本ヌアボーランスクール
 
 
タイマッサージ塾
 
NBSチェンマイ


Copyright (C) NPO TRADITIONAL THAI MASSAGE ASSOCIATION JAPAN 2000